北海道からの帰路

こんな感じのバルコニーでうとうとしたり
大浴場やサウナに行っているうちに午前中は終わって
フェリーは14:00に大洗港に着岸。

ここからはバスを乗り継いで
水戸駅経由で茨城空港へ行くのですが
フェリーターミナルの近くにあるタワーが気になったので昇ってみました。

さんふらわあが見えますね。

バスに乗って中継地点の水戸駅到着。
土砂降りです。
ここから空港行きのバスに乗り継ぎ。

茨城空港にあるセイコーマートで買い物をして大学に戻りましょう。

20時前に大学に着きました。

こういうの、何て言ったら良いのでしょうか。
大変馬鹿げた旅…というより、単なる移動?

でも、終わってみて思うのは、予想外に楽しかったということです。
やってみて良かった!
とても昨日の早朝に出発したとは思えない充実感があります。

北海道に行くぞ

そうだ、北海道の卒業生に会いに行こう!
と急遽思い立って、行ってきました北海道。

週末に、飛行機と船を楽しんで、北海道の卒業生に会いに行くという馬鹿げた企画。
思い付いたのは二日前です。

早朝5:30に大学を出て、卒業生の梶山君と車で茨城空港まで移動。

茨城空港到着。ここを利用するのは初めてです。
ローカル空港は雰囲気があって良いですね。
航空自衛隊の百里基地と共用で、ファントムがあったり、なぜか気球があったりします。
ここからは、日本各地の他、台北への便も出ています。国際空港なのですね。

なんと、梶山君は国内線の飛行機には初めて乗るそうです。
アメリカとかオーストラリアとか、さんざん行ってるのに。

新千歳空港へのフライトは8:30発、ここ発着の国内線はスカイマークだけのようです。

10:15新千歳空港到着。1時間45分で着きました。さすが時速800km。あっという間です。

ここからは鉄道で移動です。快速エアポートってヤツで札幌まで移動。

40分ほどで札幌駅に到着。
ちょっと寒いかな、と思ったけど、日差しは強くて、昼を過ぎたら20度少々。結構暑く感じます。

卒業生の坪岡君、元気そうです。
彼は、我が研究室初の鉄道関係者で、JR北海道に勤めてます。
将来は、北海道で活躍する車両の開発を目指しています。

一緒に昼食後、時計台を見に行って、そこで坪岡君とはお別れ。
元気でねー!良い仕事しろよー!!

馬車がいた。
この太い脚のヤツが道産子かな?

では帰りましょう。

札幌駅から高速バスで苫小牧西港の、さんふらわあのターミナルに到着。

普段はバイクで船倉に乗り込むので、徒歩での乗船は二度目。新鮮です。

やはりフェリーは良いですね。動くホテルです。
今回取った客室はゴージャスです。なんとバルコニーがありますよ!

でも、キャンペーンで安かったのです。
この部屋で、往路の飛行機代と変わりませんから。オフシーズンは良いですね。
今回はクルマもバイクも無いので、さらに安く感じます。

出港は18:45、明日の14:00に茨城の大洗港に到着します。
乗船時間は19時間少々。

到着したら、その日のうちに帰路につく。

バカバカしいけど、こういうのが面白かったりするのです。

…というか、こんなのばっかりだけど。

次はどこに行こうかな

大学で働き始めてから、なんだかんだであちこち行ったわけですが、それもこれも卒業生達とバイクでツーリングに行くようになったおかげです。

最近はコロナ禍で一区切り付いてしまったのもあり、卒業生達が結婚などを機にバイクを降りるなどもあり、近年は一人でウロウロするようになってしまいましたが。

ここ20年あまりで行った場所は、Googleマップでピンを打ってるのですが、こんな感じになりました。

これらは泊まった宿とか行った施設なので、走った道で考えると、もっとあちこち網羅しているはず。
いやー、よく行ったなぁ。
恐らく都道府県で言ったら全て行ったはず。
沖縄なんかは、行ったことはありますが、バイクでは走っていませんが。

でも、紀伊半島とか、岐阜や福井、四国の末端部とか、九州の北部や離島などは、通過はしたものの、まだ「行った」と言えるほどではないところが多いですね。
なので、まだまだ先は長い。

この後は数年は、能登半島に行かなくてはならないと思っています。
もちろん地震が落ち着いたらの話しですが。

東北の震災の後もそうでしたが、多少なりとも現地を訪れて、本当に微々たるものですが、お金を落として現地のためになれば、と思うのです。