発掘作業

かつての日本にあった特性とか優位性を強みとして現代に利用するために
それらを探したりしてるのですが
どこから見付けるかというのが問題であり面白いところでもあります。

もちろん、昔の日本の技術そのものを再利用しようということではなく
感性や考え方を再利用できるのではないかと思っているのです。

書籍でいえば、日本最古の書籍である古事記から日本書紀、果ては万葉集まで参考になります。
でも、当時から今に至るまで、我々日本人にとって当たり前な情報は書かれていない可能性があるのです。
なぜかというと当たり前だから
書かなくても読み手の我々日本人には分かるから。

イザベラ・バードというイギリスの女性探検家が、明治時代に日本国内を探検…というか旅行した経験を書いた本があります。
いや、やはり探検と言った方がいいかな。

鎖国が終わった開国直後では
西洋文化を導入して、それと引き換えに失ってしまったものは最低限のはずなので
当時の日本を客観的に見た情報が手に入ります。

特に人も含めた日本の原風景が参考になります。
人の関わり方とか、田畑や各種製品の様子などが記述から見て取れます。
こういったものは、我々日本人にとって当たり前だけど、海外から見ると特異なものであったりします。
その中でも、特に興味深かったり、西洋文化とかけ離れていたりするものが記述されています。
そこにたくさんヒントがあるのではないかと思うのです。

人間は、一人では生きられません。
なので、その行いも共同体で生活することを前提に組み上げられています。
昔の日本人は、何のために何をやってどうなったのか
これは現代のチームに適用できることも多いはずです。

バードの記述で特に気になったのは
手入れの行き届いた美しい田園風景。
田園風景は自然のものでありませんから
それを作った人の感性が反映されています。

あと
しきりに「日本の子供たちは幸せそうに見える」といった記述があることです。
それに対して今はどうでしょう。
小さいうちから塾だの習い事だの大変です。
それが本人が本当にやりたいことであれば良いのですが
そうでない場合も多いはず。

子供は成長して大人になります。
そして世の中を作っていく。
その過程での考え方とやり方の基盤となるのは幼少期の環境とか経験です。

成長の初期に、成長後に必要なことを詰め込んでしまって大丈夫なのでしょうか。
幼少期の感性を養うべき時に身に付けておくべき大事なことは
他にあるのではないかと思えてなりません。

とかいったようなことを考えると
色々なことに、まだまだ工夫の余地はありそうな気がします。

後は縄文時代の遺跡や遺物ですね。
これが意外と役に立ちます。

もちろん直接的に利用できる技術などはあまりないのですが
2000年も前の物とは思えないものが結構あったりするのです。

一体なぜ作ったのか?
どうやって作ったのか?
そういったものについて考えを巡らせていると
なぜか、まだまだ行けるぞ!
って気になってくるんですよね。

新しい学びは新しくなかったりする

今、日本で常識とされている授業の形式
先生が教えて、生徒がそれを覚える
もちろん、答えはすでに決まっていて
正解・不正解は明確
テストではどれくらい上手に覚えられたか確認する
といったやり方は、やはり賞味期限切れのようですね。

今までよく続いたな
とは思います。

すでに形(やり方)が決まっていて
答えも決まっているやされているような方法では
学生にしてみたら「やらされている」わけで
それではやはり限界があるでしょう。

アメリカではすでに講義の形態を壊してしまって
学生が自ら考えてものをつくる形態の学校が増え始めているようです。
「授業」じゃないですよ。
「学校」です。

やっている内容は、それこそピンキリなのでしょうが
自発性に任せて色々やるのであれば
知識の面でもマインドの面でも、もちろんスキルの面でも
得られるものは大きいでしょうね。

そうやって得た「生きた知識」は忘れないし
面白ければ、先へ先へと自ら進んでいきますから。

では、日本でこういうやり方が広がっていくかといえば
まだしばらく後になるでしょう。
よく日本はアメリカの10年後を追っていると言われますよね。
そのセオリーで行けば、日本でスタートするのは10年後です。
それまでもてば良いですが。

なので
我が夢工房は先行逃げ切りで行きます。
と言うか、20年前にすでにこのやり方でスタート切ってますからね。
我々にとっては特に新しいことではなかったりします。

お先に失礼します!!

迷ったらやってみたらいいんだよ

新入学の1年生は新鮮で良いですよね。
彼らはこれからだ。

色々経験していくなかで
価値観がひっくり返るような経験をしてほしいものです。
在学中に、そんなことができたら大成功だね。

よく、授業後に聞かれます。
「将来、自動車の設計がしたいんですけど
どんな授業を取ったらいいですか?」

んー、そうだねー
何か授業を選んだところで車の設計ができるようにはならないだろうなぁ。
彼らにわかってもらえるように説明したいけど難しいな。

だって今まで何年も
この科目ができるようになれば、~ができる
って信じてきたんでしょうから。

急にそれをひっくり返すようなことを言われても
驚いちゃって受け止められないだろうな。

そうそう
今日、学生達と話していて思ったこと。

大学に入って取るアクション
大きく分けて2種類かな?

一つは
やりたいことがすでにあったり見つかったりして
すぐに行動する者

もう一つは
自分には何ができるのか考える者

すぐに行動する学生は
ジタバタしながらも色々身に付けて伸びていきます。

でも、考えちゃう学生は
考え続けて何年も経っちゃって
気付いたら卒業ってケースも結構あるはず。

そりゃそうだよね。
何かを手に入れるために大学に来ているわけで
自分の中を探して、すでに何かがあるなら大学に来る必要ないもんね。

それと似たようなケースで
大学での授業を受けて
その中から自分の強みを構成しようとする
ってのがあります。

気持ちは分かる。
そういうふうにしなさいってアドバイス受けることもあるだろうし。

けど、似たような授業は全国の多くの大学で
それこそ数限りなく実施されているはずで
その状態で強みと言えるレベルとなると
そりゃ、自信を持って…ってわけにはいかんでしょう。

人からのアドバイスを素直に聞いて
真面目に実行しようと思う者ほど
そういうところにハマっていくんじゃないかな。

何か非常に残念というか、もったいない気がします。

でもまぁ、そうやっているうちは
見えるリスクを背負わずに数年過ごせるわけだし
これもトレードオフですね。

若いうちって、多かれ少なかれ野心や志ってあるものです。
迷ったらやってみるのがいいですよ。
そこで考えてしまったら
それは自分には縁がなかったということ。

やってみて結果ダメでも
いつかそれが自身の価値に繋がるし
ダメなことが起きた時こそが
成長のチャンスってことですから。

それが無駄な経験かどうかは自分が決めることです。

自身、今までそんなふうにやってきて
後悔はありません。

日々発見

学生達と過ごしていると色々と発見があります。

毎日、一所懸命やっている学生達ですが
いつの間にかそれが常態化してしまって
ダレてくることがあります。

真面目に一所懸命やってるんですよ。
でも、少しずつ慣れてきて
何のために何をやっているのかがボンヤリしてくる。

しかもそれが徐々にくるもんだから
なかなか気付かなかったりします。

で、ふと気付くと惰性で
「ただやるだけ」
になっていることがあります。

そのまま続けても
仕事は終わらないし、成果は出ない。
それはほんのちょっとしたことではなく
そのままでは
驚くほど終わらないし、驚くほど成果が出ない。

そういうときって
大枠でのゴールは決まっているんだけど
それを構成する
小さい一つひとつの仕事を甘く見ていることが多い。

最終的なゴールが「勝つこと」なのであれば
それを構成する小さいな仕事の一つひとつも
「勝つためのこと」なのですよね。

仕事を細分化して工程に沿って潰し込んでいくようなとき
往々にしてそういう状態に陥りがちです。

なので
「今日は勝つためにコレをやる」
という意識で日々の仕事を着実に進める
というのが重要なのですね。
それを着実に毎日繰り返していけば、勝利に近付く。

ここで大事なのは
最終的なゴールが明確であることが前提です。
そのうえで、小さなことを着実にやっていく
ということ。

日々の仕事を甘く見たり、先送りしたり
ゴールが不明確なままでは遭難します。

「遠くを見ながら足元も見て進むんだよ!」
かつてそんなことをよく言われたなぁ。

こういうのって
ごく当たり前のことなんですけど
ふと今までと違う角度での
理解とか気付きがあることってありますよね。

頭に浮かぶ情景

そろそろ山の緑も元気になって
バイクで出かけるには良い季節になってきましたね。
梅雨の前なら、熱くもなく寒くもなくって感じです。

今年に入ってから、週末はなんだかんだとやっているので
ここ最近はめっきりバイクに乗れていません。
コロナ禍で自粛してるんじゃないんかい!
それもないことはないですけどね。
今年は5月連休に授業があるので、まだしばらく乗れそうもありません。

これだけ乗れないと禁断症状で妄想というか
突然バイクに乗っている情景が頭に浮かぶことがあります。
フラッシュバックってこういうこと?

その浮かぶ情景なのですが…
なぜか青森の下北半島の国道から一本入った農道の景色だったりします。
別に何か特徴的な風景だったとか、そこで何かが起きたわけではありません。
ただ、そこを走っている時に
「あぁ、遠くまで来ちゃったなぁ」
と思っただけです。

その時の感じは、ゾクゾクするような違和感というか何というか
楽しかったり爽快だったり、そんな感じではないのです。
何でそんな所を思い出してしまうのでしょう。

オーストラリアだとこんな感じかな。

「あー、何もないなぁ」
こんな景色。

有名な景勝地とかの観光スポットは浮かんでこないんですよ。
何なのでしょうね、一体。

根っから観光地を楽しめない性分だということなのでしょうか。
そんなことはないと思うんだけどなぁ。

でも、うんざりするような道を延々走るのが好きなのは確かです。
「凄いところまで来なぁ」という満足感というか達成感と
「こりゃ参ったなぁ」という困惑の間の感覚というか
そんな感じが良いのかな。
でも、一体それの何が楽しいのかは自分でもよく分かりません。

変態なのか?

それはともかく、夏には一発ドカンと行きたいものです。

未来に向けて その2

そのネタは
テクノロジーじゃないよ。
たぶん。

なんて刺激的なことを書きましたが
テクノロジーが必要なくなるなんてことはないでしょうね。
そういう二元論的なことを言いたいわけではないのです。

現状の、特に日本はテクノロジーそのものにフォーカスしすぎていて
何のためにそれが必要か
という上位概念の部分が弱いですよね。
だから色々うまくいってなくて
これは行き詰まっちゃうだろうなぁ
と思っています。

テクノロジーは、何かを実現するための手段にすぎませんから
新たな実現手段が登場すれば瞬時に用無しになることもあります。
だから意味ないよ
ということではなく
実現したい「何か」の部分にもっと力を入れるべきでしょう。
今はあまりにその部分が弱いと思います。

「何のため」を考える上位概念は
とても曖昧なイマジネーションの世界ですから
超具体的な技術を見ていても成長できません。
クリエイティビティが必要です。

日本の教育は
正解か不正解か
という超具体的なものばかりです。

イマジネーションが必要なクリエイティブな部分って
点数付けて評価しにくいですからね。

なので
色々学ぶのは良いけど
一番大事な
「何のためなの?」
という部分が無くて
「どうあるべきか」
という部分が決められないということになります。

具体的な答えがあるものばかりの環境でやってると
上位概念を構築するトレーニングは一切できないので
結局、「何のため」は他人に依存することになります。
もしくは、深く考えなくても済むように楽なことをやるか。

一定数の学生を集めてものづくりの授業をやったことがあります。
特定のテーマを決めて
「これやりなさい」
と言えば、そこそこやるんだけど
「何やっても自由だから、ゼロから考えてみよう」
と言うと嬉々として取り組む学生(少数)と
可能な限り楽なことを追求しようとする学生(多数)に分かれます。

そりゃそうでしょうよ。
自由な環境で、自分の意思でやったことがなければ
「どうしろっての?」
ってなるでしょうね。

年長者はそんな現実を見て
「俺たちの子供の頃はなぁ」
とか言いたくなるもんですが
そりゃ無茶な理屈です。

これだけ便利で安心で安全な世の中になったら
余計なことをやらなくても済む
まさにトレードオフです。

日本は
便利で安心で安全な世の中
という物差しで見たら世界一でしょう。
世界のホームラン王ですよ。

色々不十分だった時代は
色々不十分だったがために
色々妄想して
色々やらなきゃいけなくて
だからこそ色々余計な経験ができて
その中からクリエイティビティを育んでいったわけでしょう。
今はそんな必要ないもん。

なので
テクノロジーの力で
便利で安心で安全な世の中
という物差しの目盛りがデッカイ方に振れた今
これからは何かとバランスするように
揺り戻しのような局面に入っていくのではないかな。
もしくは新しい方向に振れていくのか。

幸いにしてレーシングカーとか惑星探査を作りたい連中は
それがやりたくて集まってきているので
経験が無くても何とかしようとします。

そんな連中の気持ちと考え、行動の中に
重要なヒントが隠されています。きっと。

でも、潜在的にそういうワクワクすることをやってみたいという学生は
予想以上にいるのではないかと思います。
1年生に希望を聞くと、彼ら結構夢を持ってますからね。

こういう状況を何とかしようったって
そう簡単に答えは出ないと思いますが
継続して頑張って色々やっていれば
そのうち何か見えてくるじゃないかな。

これが夢工房のネタの仕込みの一つです。

「何だよ、はっきりしねーな」
とお思いですか?
そりゃそうですよ、上位概念の中の一部ですから(笑)

もうちょっとはっきりした話は後ほど。

未来に向けて

新しい世の中は
エネルギーの源が変わって
人々の生活が変わる。

スイッチを切り替えるように
急には変わらないだろうけど。

どう変わるんだろうね
楽しみだ。

これまで我々は
便利さ快適さを手に入れるために
技術をはじめ色々なものを生み出してきた。

でもその反面、失ったものは見えていない
一方的に手に入れたと思っている。
全方位で発展したと思っている。

とんてもない。

生きることを心配しなくても良い暮らしだけど
幸福度は低いままじゃないか。

これがかつて欲していた未来なのか?

テクノロジーは
期待したほど人を幸福にできなかった。
大事な何かが抜けていた。

これから色々制限が掛かって
今までできていたことを手放したり
我慢したりする生活になっていくのだろうか。

それとも
新しい何かを見付けて
違う方向の発展をしていくのだろうか。

でもきっと
今まで見えなかったものが見えたり
今まで感じられなかったことを感じたり
そんなふうになっていくだろうね。

それはそれで楽しみだ。

今から色々考えて試して
ネタを仕込んでおこう。

そのネタは
テクノロジーじゃないよ。
たぶん。

超シンプルな うまくいくやり方

どうしたら、ものごとはうまくいくのでしょう?
うまくいかないのはなぜだろう?

これは学生と付き合ってるとよく分かります。
とにかくサンプルが多いですからね。

すぐやる/やらない
時間が経てば熱が冷めるし、初動が遅くなるとできることが減る。
チームで動いている場合
「あとで みんなが揃ってから」
なんてことがよくあるけど、こういうのも大抵はうまくいかない。
まずできることをやってしまわないと。

すぐやればトライできる回数が増える。
能力はトライする回数で決まるので、すぐやって、たくさんやれば伸びる。

逆に、失敗を避けるために長時間考えるとトライできる回数や時間が減る。
つまり能力は向上しない。

やらずに考えていれば、知識は増えるかもしれないけど
それは能力とは関係ない「死んだ知識」
知っていることとできることは別だから。

同じようにありがちなのが
とにかくやってみるできるようになったらやる
やらずにできるようになることはない。
なので「できるようになったらやる」なんてことはありえない。
不十分でも、やらないとできるようにはならない。

これに似たようなところで
自信が無いからポジティブになれない
というのもあります。
ネガティブな考えや行動で
ポジティブな状態に繋がっていくのか
というと、そんなことはないと誰でも分かります。
なので、それは理由になっていない。

じゃぁ、ポジティブな考えや行動をしていれば
ポジティブな状態に繋がっていくのか?
いきますね。
簡単じゃん!

最後に
アウトプットする/しない
アウトプットしない者の考えや行動は磨かれることがない。
アウトプットに対する評価は
それを受け止めた他者の反応や結果によって分かります。
なので、出さないと磨かれない。
どんなに頭の中で考え続けていても、それは実現しないし、誰も賛同しない。

おっとまだあった!
本当に最後に
素直な心/頑なな心
ものごとを素直に受け止めるのは勇気が要りますね。
特にうまくいっていない時はなおさらです。
相手の意見や、今の状況など、これらを受け止めて認めないと
これからどうすべきかは見えてきません。

それを受け止めず、認めなければ何も変える必要はありません。

こんなふうに、ちょっと考えれば当たり前のことをやっていけば
うまくいきそうなことは誰でも分かります。
自分で書いていても耳が痛い(笑)

でも、なかなか行動に結びつきませんよね。
なんでだろう?

…おっと、理由を考えちゃう?
そんな必要ないでしょう。

夢工房はこうして回っている

夢工房でやっているプロジェクト活動

一言で言えば
ものづくり
なんですが
こう書くとゴリゴリ工作ばっかりやってるようなイメージがありませんか?
なのでちょっと抵抗があるんですよね。
ものづくり
って書くの。

何かもっとカッコいい呼び方ないかなぁ。

学生達は日々頑張っていますが
一体なぜ、こんなふうに頑張り続けられるのか。
いままでもチラホラ書いていますがまた書きます。
日々気付いたことや考えが整理できたこともありますので。

学生達がどれくらい頑張るのか
言葉にするのは難しいですが、例えば
夢工房に数週間泊まり続けて
盆も正月も無く朝から晩まで設計したり作ったり
これを卒業まで続ける。
と言えば多少は雰囲気を理解してもらえるでしょうか。

「正月くらい帰ろうよ」
と言うと
残念そうな顔します。

これ、別に私が強制的にやらせているわけではないのですが
外部からは無理矢理閉じ込められて
キツいことをやらされているように見えることもあるようです。

はっきり言いましょう。
そんなの無理です。

自発的な行動でなければ、こんなに継続的に頑張り続けることなんて不可能です。
無理矢理やらせていたら暴動起きますよ。

なのでいつも
「コイツら、すげぇな」
と思っています。
はっきり言って化け物ですよ。
好きなことを一所懸命やるって凄い威力です。

なので、できる限り「天井」を外して
好きなだけ、納得いくまでやらせてあげたい。
もちろん、今はコロナ禍の影響で今はできませんが。

ちなみに、これを「無理矢理やらされている」と思っている誤解を解こうとは思いません。
どうせそんなこと言っても信じられないだろうから。
それに、人は見たいものを見たいようにしか見られませんので
実情を説明しても、見方は変わらないでしょうね。
分かってくれる人は分かってくれます。

話を戻しましょう。

まず取り組むテーマは自分発である必要があります。
動機は自分達がやりたいこと、好きなことでないといけません。

その第一のメリットはモチベーションですね。
チャレンジするのに、他人から与えられたゴールを目指すのでは限界があるでしょう。
困難にぶつかったときに、簡単に自分自身に言い訳して諦めることができます。
「どうせ、やりたかったわけではない」って。

人は困難を乗り越えることによって成長するので
その時に簡単に諦められない環境が必要です。
自分達がやりたいこと、好きなことをやっている環境は
自発的に壁を越える原動力となります。

喜びを共有できる人達の存在も重要です。

彼らの活動には資金をはじめ、色々なリソースが必要になります。
それをあらかじめ用意してお膳立てするのは、一見良さそうに見えます。
でも、そのような状態では、頑張っても頑張らなくても良いということになりがちです。

自分達がやりたいこと、好きなことをやるために
魅力的な高い目標を設定して
大学の内外の人達の理解を得てサポートしてもらう。
そうすると、もし困難に遭遇しても簡単に諦めるわけにはいかないので
学生達は次々にハードルを乗り越えて、みるみる成長していきます。
もちろん、サポートしてくれる人達に喜んでもらわないと活動は継続できなくなります。
皆が喜んでくれるような成果を得られれば自分たちもハッピーで周囲もハッピー。

大会の成績は波があります。
うまくいったりいかなかったりするのは当然のことです。

でも、勝つために諦めずに頑張り続けています。
卒業までに、その願いは叶わないかもしれません。
でも、それは卒業で終わってしまうわけではなく
そこから始まる「本番」のためでもあるのだから良いのです。

こんなことを継続していれば
もちろん、就職でも必要以上に悩むようなことはありません。
多くが希望通りの就職をしますし
職場でも、かなり早い時期に戦力になれるでしょう。

そんな一連の流れを目の前で見続けている後輩達も
「夢は叶うんだ」

ということを理解しています。
なので頑張る。

夢工房では、日々そんなループが回っています。

このループ、そもそもの始まりが学生達の「やりたい!」だったのです。
それが20年も継続するって凄いことです。
私は、そんな活動を支え続けている我が東京電機大学は凄いと思います。
日本最古の技術者を育成するための学校というのは伊達ではないってことです。

夢工房での学び

多くの場合
学校での学びは
言われたことをやる
言われたことができるようになる

ですよね。

もちろんそういう能力も大事です。
でも
そういうのは授業で習得することです。

ここ
夢工房は違います。
授業ではありませんから。

我が夢工房で学生は何をやっているか

学生自身がやりたいことをやっています。
ですが、好き勝手にやっているというわけではありません。

やりたいことを考えて
決めて
約束してもらいます。

平たく言えば
「こういうゴールを達成するために頑張ってやります!」
という約束です。

そうしたら必要なもの(リソース)を提供させてもらいます。

学生に提供できるリソースは
設計と製作のための作業場所
今まで蓄積されたノウハウ
作業に必要な機器類(工作機械や工具類はもちろん
設計のためのPCや各種計測器)
などなど
あとはアドバイザーとしての教員(私です)

今ここで活動しているプロジェクトは
学生自身がぶち上げたゴールに向かって
彼ら自身の力で動いています。

私は、そんな彼らに価値を感じるからこそ協力しています。
逆に、価値を感じられなくなったら協力できません。
なので、彼らはやりたいこと続けるやるために、日々一所懸命やる必要があるのです。

授業だと、点数(単位)を得るために必要最低限の内容になりがちだし
そのために教員は学生に「やらせて」しまう。
当然学生は受動的になってしまいます。
クラブ活動だと、盛り上がっているうちは良いですが
そのうち熱が冷めると、やってもやらなくても自由といった感じになりがちでです。
そいうことに力を貸しても、あまり意味は無いと思っています。
誰も喜ばないですもんね。

でも、学生自身が高い目標を設定して一所懸命やれば
その成果で誰かしら喜んでくれるでしょう。
これ、主体的な学びってヤツですよ。
しかも、自分以外の誰かが喜んでくれるというのは、自身も結構幸せなものです。
だからこそ継続できるというのもありますね。

そうそう、最低限の目標じゃダメなんですよ。
盛り上がらなくて継続できないから。
最低限の目標を達成しても、自身は安心はするかもしれませんが
あまり喜びは無いでしょう?
もちろん自分も周囲も。
そういうのを続けるのは難しいですよ。
色んな意味で。

自分以外の人が喜んで価値を感じてくれるからこそ続けられる活動って
とても意味があるんじゃないかと思うのです。
そりゃもう、色んな意味で。