自由な発想を妨げているのは誰だ

レーシングカーは、勝つためなら何でもありです。
レギュレーションを破らない限りは。
何でもありというのは、目的を達するためには
どんな「手段」を使っても良いと言うことですね。
当たり前ですが。

さて
学生がレーシングカーのある部分を設計しているとします。

ある部分の設定を決めようとしているときに…
具体的に、ある部品の固定方法を検討しているときに…
としましょうか。

その際、あまり考えずに
「こうなってしまう」
と決めてしまっていることがあります。

「この部品を固定するには…ここにボルトを…」

いや、ちょっと待って!

そもそも
ボルトを使う方法しかないの?
そこにボルトを配置するしかないの?
それ、「良い方法」なの?
どんな手段を使っても良いんだよ!

本当はこうして欲しい

この部品を固定するには、これとこれと…こんな方法があるね。
それぞれこんなふうに配置できる可能性があるね。
で、比べてみると、それぞれこんなメリットとデメリットがあるから…
マシンコンセプトを考えると、これがベストだな!

という感じに、まずはアイデアを色々出して広げていく。
次にそれらを比べて、優れたものが「良い」でしょ。

経験を積んだエンジニアなら
直感的にベストな方法を「引き出し」から引っ張り出しますけど
まずは引き出しを増やして欲しいのです。

たくさん出してみたアイデアの中には
その時には適さないものとか
劣ったものとかがあるでしょうけど
まずは広げましょう。
ベストな答えを一個だけ出そうと思って悩んじゃダメです。

次に先入観の枠を外して、いっぱいアイデアを出してから選択。
その時に、色々出たアイデアを組み替えることもできるし
改めて気付くこともあります。

最後に集中。
選んだものを磨きましょう。

急ぐ気持ちも分かるけど
色々出したら視野を広げて選択して集中して
ベストなやり方をしたほうが最終的には早いものです。

選択もせずに思い込みで事を進めてしまう陰には
無意識のうちに発動してしまう何かがあります。

一番多いケースは「めんどくさい」かな。どうでしょう?
最低限の手間で楽したい。

あと、「広げる」段階では
ダメっぽいアイデアが出る可能性はあるわけで
「ダメなものを出したくない」かな。

ダメなものが明確になるから
良いものがどれくらい良いか分かるのですけどね。
なので、アイデアを出す段階で
間違えたら、失敗したらネガティブなことが起きる。
だから間違えたり失敗したりしちゃダメだ。
なんて考えちゃイカンのです。

まぁいずれにせよ
そうなってしまうのはある程度は理解できます。
でも、その結果はどうなるでしょうね。

「ここはこうしなければいけない」と
誰に言われたわけでもないのに
先入観で制限をかけていることが意外と多いものです。
まさか自分自身が自身の自由な発想を妨げているなんて!

自由な発想で作った軽量コンパクトな初号機はFormula SAEの歴史を変える力を持っていました
2002年の話です

教えたら分かるのか

Formula SAEの指導教員は、ファカルティ・アドバイザーと呼ばれます。
単なる指導教員と違うところは…

教えないことです。

意外ですか?
Formula SAEは学生主体で進めるべきイベントですから、教員は具体的な指示は出せないのです。

学生に、ああしろこうしろという教え方はしない。
でも、責任はかかってきますよ。これで1円ももらってないのにね(笑)

私の場合は確認作業が中心ですね。
学生がやろうとしたこと、やったことに対する評価です。
安全面とかお金の面とか、あとは技術的なことに対する評価が中心かな。
戦略面とかマインドの面でもアドバイスをすることもあります。
前職が自動車開発だったし、レースもやってたもんで、その経験を活かしたアドバイスもできます。

当チームの場合は、評価が大事だと思っています。
成果の評価によって現状を把握するわけですが、それによって越えるべきハードルが明確化されます。
人の成長って、このハードルを越えること、つまり困難を打破するチャレンジによってなされるわけです。

で、チャレンジすると当然失敗します。失敗してナンボです。
考え無しにチャレンジして失敗するのは論外ですが。

失敗の中には大事なことがたくさん隠されています。
でも、多くの人は幼少の頃からそこを見ないように、失敗そのものが起きないように育ってきますよね。
ああ、もったいない。

なんでそれが起きたの?それはなんで??って失敗を掘り返しましょうよ。
シンプルな本質が見えてきたらゴールは間近です。
クヨクヨ悩んじゃダメですよ。

アドバイザーの立ち位置はチームによってだいぶ違うでしょうね。
中にはアドバイザーがほとんど関与しないチームもあるのではないかと思います。
その場合、学生は自由気ままにやることができる反面、成長が制限されることもあると思います。

なぜかというと、手を抜いてやらないのも自由だから。
特に安全面などで手を抜くとクリティカルな結果が待っています。
あと金銭面も同様でしょうね。

反面、ああしろこうしろという教え方をすると何が起きるかというと
学生は、それを覚えようとしますし、学生は「指示待ち」に入りますよね。

こうなると学びと言うより
覚えただけでしょ。言われたことをやっただけでしょ。
ってなっちゃいますよね。
何もしないよりは遙かにマシですが。

基本的にはファカルティ・アドバイザーは、必要とされたら教えます。そこが大事。
欲してもいないことを教えたところで、大して役には立ちませんよ。

「求めよ さらば与えられん」

です。

カーボンファイバーの積層実験中

カーボンファイバーもずいぶん長い付き合いになりますが、まだまだ奥が深いですね

人の燃費

身体活動量の多い成人男性の一日の必要摂取エネルギー量は
2,400kcal~3,000kcalだそうです。(農林水産省HPより)
真ん中を取って、2,700kcalとしておきましょう。

ガソリンの1リッターあたりの熱量は、8,500kcalです。
排気量1,800ccで、車重1,300kgの乗用車
燃費はリッターあたり15kmくらいでしょうか。

とすると、成人男性の一日の必要摂取エネルギー量で
車重1,300kgのクルマで4.8km走れることになるんですね。普通の走り方で。

1,000ccのスポーツバイク、車重は200kgくらいで
燃費はリッターあたり20kmくらいですかね。
この場合、6.4kmいけます。

人間の燃費、どうなんでしょうね。
実際のところは、体だけを動かしているわけではなく
脳というカロリー消費マシーンを動かしているので
そう単純な話ではないのでしょうけど。

そんなことを考えていると、虫って凄いなと思っちゃうんですよ。
例えば、アリなんて大してカロリー摂ってないのにずっと動いてますよね。
摂取エネルギー量に対する運動量はどうなんでしょう。よくわからないけど。
でも、精密な構造してるし、体重と体の強度の比率を考えても凄いと思いますよ。

我々人間ののテクノロジーでは、まだまだアリのようなものすら作れません。
自然って凄いですね。神のなせる技ですよ。

しかしチャレンジはする!

Formula SAEは燃費も競います
かつてオーストラリア大会で2位を取ったマシン
軽さは燃費のみならず、運動性能のキーファクターです

ゴールからいこう

桃太郎のお話を説明しろ
と言われたらどうしますか?

「昔々あるところに、おじいさんとおばあさんが…」

とやっていたら、絵本の最終ページにたどり着くまでどんな話なのか分かりません。

なので

ミラクルな少年が鬼をやっつけて、良かった良かったという話です。
おじいさんとかおばあさんとか、桃から生まれたとか、お供がどうのとかの詳細は後で説明してもOKでしょう。

大事なのは鬼をやっつけることです。ゴールです。
恐らく桃太郎のお話を考えた人も、ゴールから構成していったに違いありません。

技術に関するコミュニケーションも同様ですね。

経緯から話すのでは無く、まずは結論から。
起承転結なんてやってたら何が言いたいのか分かりませんからね。

ゴール無しで細かいところからいくと必ず迷走します。
何のためにどうすべきかが無いわけですから。

レーシングマシンはゴールが明確です

全ては勝つために!

即戦力になろう

今、企業では時間を掛けてのんびり社員を育てている余裕はない。

でも、学校では社会に出てすぐに戦力になるようなことを教えてもらえない。
(一般的には過去のことを教えるのが教育だから)

では、どうするか?
「やり方」つまり取り組む姿勢が武器にならないか?
それは工夫すれば学校でも身に付けられますよね。
いや、むしろ学生のうちに身に付けるべきでしょう。
社会に出ても勝手に素早く成長していけるように。

どうせテクノロジーなんてすぐに時代遅れになってしまいます。
知っておくことは大事だけど、それだけで何とかしようとしたところで、すぐに時代遅れです。

あと、テクノロジーは大事なのだけど
自ら望んで手に入れたのか、それとも望まずに覚えさせられたのか
という違いは大きいでしょうね。
そのそも望んでいないものなんて利用できないですよね。

理論を持っているだけでは何も起きません。
やはりチャレンジですね。
とにかくやってみるとか、諦めないとかね。

その過程で理論が必要ならスッと入ってくるでしょうし
利用したらなかなか忘れませんよ。
一度自転車に乗れるようになったら、その後も乗れるように。

でも、原理原則は大事。
それを知って、実践して、色んなことを直観的に判断できるようになったら良いですね。

あ、それこそが「学び」か。

こういう原始的なやり方をあえてやるからこそ分かることもあるんですよ

走りながら考えよう!

心配なことがあると
ついそれを考えて悩んでしまう。

それ、当たり前だと思ってますか?

心配なことを考えていると、頭の処理能力の多くはそこに使われますよね。
心配なことにフォーカスしてしまうのは本能的にしかたないことかもしれません。
危険を注視して、それから回避して生き延びる生存本能に根ざしていますから。

でも、そこに注力すると本来やるべき事に使う能力は小さくなってしまいます。

ネガティブ要因は誰しも持っているでしょう。
それを打ち消すために努力しなけりゃならないこともあるでしょう。
でも、それが達成できたら幸せになりますか?

高い目標を目指していると、そもそも心配する必要は無くなるのですよ
と言いたいのです。

ひょっとすると、高い目標を目指すには、細かい心配ごとをすべて解決してからやるべきだと思っていませんか?

「お前、そんな理想を言う以前に~はどうなんだ!?」
とか言われますもんね。

そもそも、細かい心配ごとなんて世の中には無数にあって、自分には解決できないことだらけです。
そんなものをいちいち解決していたらキリがないですよ。

さらに、もしそれが最大限うまくいったとしても得られるのは「安心」でしょう。
安心って成功なの?
でもまぁ、大抵は最大限うまく行くことはないので、安心すら得られない。

なんてことだ、安心するために努力しても安心すら得られない!

なので、心配しているヒマがあったら高い目標に達するために頑張るべきなのです。
心配して立ち止まったら終わりだ!走りながら考えよう!

かつての夢の残骸も新しい夢のヒントになります

人の役に立つように

ものごとの価値って何なんでしょうね。

オレは価値があるぞ!
って自分で決めるのはあり得ません。

何で?

価値は自分以外の他人が決めるものだからです。

ああ、これがあって良かったなぁ
こんな人がいてくれて良かったなぁ

こんな感覚が価値ですよね。感謝に値する感覚。
自分以外のことばかりでしょう。

だから
人の役に立たないと価値は無いんですよね。

どのくらい人の役に立つか
どれくらい多くの人の役に立つのか
そんなのが価値の大きさなんでしょうね。

その価値の大きさに応じて対価を払う
受け取った対価を他の価値に払う
これが社会の循環です。

でも、成長過程においては色々と悩むことがありますよね。

他のためにやっても失敗するんじゃないか
誰も分かってくれないんじゃないか
怒られるんじゃないか
バカにされるんじゃないか

うん、そういうのを乗り越えるには勇気が要りますね。

「自分ことを全く考えずに、他人のためのことを100%やったらどうなんですか?」
って心配して聞いてくる学生がたまに現れます。
まぁ、反論なんでしょうけど。

できるもんならやったらいいけど、それができたら神様って呼ばれるんじゃないの?

Team NOBBYの8耐マシンとCRF450R
人をワクワクさせるって凄いことだよね

素直さの威力

フォーミュラSAEのチームには多くの1年生が入ってくれています。
日頃から彼らと接する機会が多いわけですが
結構人数がいるだけに、色々と違いが見えてきて興味深い。

もちろん人によっての違いはあるんですが、興味深いのはどんな子が伸びるのかってところですね。

色々とあるにはあるんですが、まずは一つ。

素直であること

これ、とても重要なのですが
素直さって何なのでしょう。
結構難しかったりします。

では反対に、素直じゃないってどういうことなんでしょう。
これまた定義づけは難しかったりしますが
大抵は自分を守るための言動を反射的にしてしまうケースがほとんどですね。

「自分を守って何が悪い?」

まぁ悪いかどうかは置いておいて、簡単に言うと自分を守るのは自分のためでしょう。
自分のためってことは、他からすると別にどうでも良いことですよね。
斜に構えて物事を見たところで自分の価値が高まるわけでなし。

話を戻して素直な人。
深く勘ぐったりせずに、思ったことをやる、言う人かな。
出た結果に対して受け入れて、変えるべきと思ったら変える。
こんなところ?

こういう姿勢は可能性を感じますよね。
可能性が見えると色んなものが集まってくる。
いざやろうとすると結構勇気要りますけどね。
だからこそ、そこに価値があるのでしょうね。

素直なのか曲がっているのか

学びのゴールは何なのよ

学校は学ぶところです。

学ぶって何だ?
学ぶのゴールは何だろう?

正しい答えを出せるようになること?

正しい理論を覚えること?

まぁ、そういうのも大事ですけど、結局は「できるかどうか?」に尽きるのではないでしょうか。

とか、そういうことを言うと、「学生レベルで何かを完璧にできるようにはならない」という意見もあるでしょうね。

そもそも「完璧」って何?ってのはありますが
完璧な必要あるの?
とも思ってしまいます。

そりゃ完璧になれば理想でしょうけど、完璧じゃないとダメだというプレッシャーが失敗に対する恐怖を助長して「やれなく」なっている傾向が強くなっている気がします。

なもんで、失敗しないようによ~く考えて…いるうちに時間切れになったり、そもそも失敗することを避けるために諦めたりってことになる。

ノートライ・ノーエラーです。
コロナ禍でなおさらなのかな。

正しい答えを覚えて、それをやる

って、一見良いように見えますね。
でも、何が「良い」の?
「良い」って、そもそも相対的なものじゃないの?
一個の答えで良いって言っちゃって良いの?

何かしらやってみて、色々分かったほうが良いですよ。
やらないから分からないよりずっと良い。

うちの学生達はチャレンジしてますよー。
トライの数が多いので、当然失敗も多いですけど、めげないのが良いですねー。

諦めずに頑張り続けるって成功の必須要件でしょ。

チャレンジの残骸
諦めるな!!

コロナ禍だから…すぐにやろう

現在、コロナ禍を期に世の中が大きく変わろうとしています。

その変化は確実に起きていて、対応する必要があるのは皆さん何となく感じている。
今までのやり方を継続したいけど、そのままでは通用しないことは分かってる。
後手に回って対処療法をしていても良い方法とは思えない。
どう対応するべきか。

でも、そんなの経験したことないから分からない。
そりゃそうだ。

でも、よ~く考えたら
どうすべきか正解が分かるかな?
答えが出るまでどのくらい時間が必要かな?

分かる人いるのかな。
いたら凄いな。

それとも誰かが出してくれる答えを待つ?
その答えを出してくれる人は誰ですか?
その答えは何のための答えなのでしょう?

自分で考えるにしても、他人に任せるにしても
そもそも正解ってあるんですか?

これが正解ってのは無いでしょうね。

だったら、自分で「考えて」「決めて」「やる!」のサイクルを早く回しましょう。
ダメならやり直しましょう。グルグルしましょう。

ダメでもやれば何か分かります。「あ、そうか!」って。
これを「気付き」と言います。やらないと分からないヤツです。
その時点で気付きがなくても、時間が経ってからその経験がきっと役に立ちます。

同じ姿勢で一つのことを継続するのは立派なことかもしれませんが
もし変化を避けたいという恐怖がその根源にあるのであれば
きっとそのうち、その恐怖が成長したモンスターとご対面するときが来ます。

やる
ダメなら変える

とかやっていると、一貫性がないとか、間違ったらどうすんだとか
思われるかもしれませんが
そんなこと気にしちゃダメ。

君子豹変す

という言葉が昔からあるじゃないですか。
いいんですよ、ダメなら変えても。

グルグルする部品ということで、学生が作ったフォーミュラマシンのブレーキです。
キャリパーもローターも学生が開発しました。

ローターは、効きと耐久性を両立させる設定を見付けるのに苦労していたなぁ。
最初は、カートコースを1日走ると摩耗して無くなっちゃうとか、全く効かないとか。

材質は鋳鉄なんだけど、熱処理がキーなんですねー。

現状は、効きは良好で耐摩耗性も数年はいけるというとこまでたどり着いてます。

こういう部品って、量産流用すれば効きとか信頼性、信頼性は確実なんでしょうが、いかんせん色々なところの性能のキーファクターになるので、可能なら新規で作るに越したことはないです。

やる前から苦労することは分かっているけど、やると決めてグルグル頑張れば何とかなるもんです。