新人君来訪中

今日から授業が始まりました。

我が東京電機大学では、週替わりで学籍番号の偶数と奇数の学生が入れ替わりで登校して、半数が対面、残る半数がリモートの授業となりました。

今日、早速授業をやってみました。
半分リモートというのは何とも変な感じですが、まぁこういうのもアリかな、といった気もします。
正直なところ、もうちょっとやってみないとメリット、デメリットはよく分かりませんね。

さて、いよいよ1年生も登校が始まり、我が夢工房にも新人君がボチボチ見学に来始めました。
今年はどれくらい1年生が集まるかな~と期待しています。

今年の傾向は、機械系の学生だけではなく、色々な専攻の学生が集まりそうなところ。

若者の自動車離れと言われて久しいですが、私の周辺ではそんな雰囲気は全くなくて、逆に盛り上がってきてるんじゃないの?という気すらします。
興味深い傾向です。

最終的な人数がどうなるかは、5月くらいにならないと見えてこないかな。
ひょうっとすると落ち着くのは7月くらいかもしれません。

でも、授業初日時点でフォーミュラSAEと惑星探査機合の希望者を併せて6名程度ですから、この調子だと今年も結構な人数になるかもしれません。

そうそう、今頃と言っては何ですが、2年生も数名見学に来ています。
これも興味深い傾向ですね。

これまた意外と言えば意外なのですが、皆揃って元気が良いのも特徴です。
それは1年生も2年生も。
コロナ禍のリバウンド??

世の中の傾向としてはどうなのでしょうね。
これ、ウチだけの特徴なのでしょうか。

というわけで、夢工房は春からイケイケな雰囲気です。
先輩達も頑張ってますからねー。
良い相乗効果ができてきています。

こりゃ、今年はいっちゃうかも。
楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です