学校の成果

夢工房には卒業生がしょっちゅう来てくれます。
大変有り難いことです。

彼らと話をしてると
学校での成果って何なのだろう?
と思います。

就職先?
いわゆる一流企業に入れれば良いのか?と言われれば、決してそんなことはないでしょう。

所得?
もちろんそんなの論外でしょう。
お金があればそれだけでハッピーかというと、決してそんなことはない。

一教員としては、社会に出て皆の役に立つ良い仕事をしてくれるといいな
というところかなと思ってます。
「こいつを採用して良かった」
「こいつと仕事ができて良かった」
「こいつがいてくれて良かった」
と周囲が思ってくれたら成功かな。

でも、社会に出てすぐに成果は見えないし
色々と内外の変化もあるでしょう。

なので、教育の成果なんていつ出るか分からないんですよね。

ということは、何が正解なんていつになっても分からないということなんですね。
いやー、まいっちゃうな。
本当はあまりまいっちゃってないけど。

正解は見えないとはいえ、方向を定めずに通り一辺倒のことをやるわけにもいかないので、つたないながらもこれまでの経験を元に、自分が信じていることを伝え続けるしかないのですね。
でもまぁ、仕事をする上で普遍的なことってあるわけなので、あまり迷いはありませんが。

そんな時に卒業生がいると、いろいろとフィードバックが掛けられてとても良いですね。
最近の情勢も知ることができるし。
在学中にどういうことをやると、社会に出てどういう成長をするかという推測が付けやすくなりますから。

今日はたまたま大手機器メーカーから自動車メーカーに転職が決まったという卒業生が来てくれました。
結構長いこと努めて肩書きもあった彼が、上司に転職することを伝えた際には、昇進とか大幅昇級とかを持ちかけられたそうですが
彼曰く「金の問題じゃないんだよな~」

そうだよね。
お金の問題じゃないんだよ。
心が動き続けられる環境が無いとダメなんだよな。

自力でそういう環境を作れれば良いけど
会社が大きかったりすると、それにも限界があることがありますね。
そういうときは、新しいフィールドで勝負を賭けるのも良いでしょう。

この彼は、学生の時から海外の大会に出てバリバリやってたので
本来は自動車メーカーなどで世界中を飛び回って頑張る方が合っている気がします。
なので、やっと収まるべきところに収まったという感じかな。
これからどうなるかお楽しみ。

という感じで、卒業してすぐになんて
どうなるか分からんのですよね。

そうそう
今日はもう一人卒業生が来たのです。

彼は希望していた航空機メーカーに就職したのですが…
あまりにモチベーションが高いので、希望していた航空機の部門ではなく
製造機械の部門に配属されてしまいました。

どういうことかというと
その部門の製品はシェア日本一なのですが、世界一を狙うと。
そこに必要とされたようなのです。

でも、本人は腐ることなく高いモチベーションを維持して嬉々として仕事をしてます。
これからも、ぶつかったり転んだりしながら成長し続けていくでしょう。
これまた楽しみです。

我が夢工房
在学中にずっと在籍して頑張り続ける者がいれば
もちろん、ここから離れていく者もいます。
いずれにせよ社会に出て
この部屋での経験を少しでも活かして良い仕事をしてくれれば
それは成功なのだろうな
と思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です