思い込みで良いのです

夢工房で活動している学生
全員集めると20名近くなるのですが
週に2回ほど皆で
オンラインでミーティングをしてます。

先生が学生に訓示をする
なんてのではなく
皆で色々なテーマについて話をしています。

今日は
夢を叶えるためのスタートは
思い込みでも良いよね。
というような内容でした。

学生達は
それぞれ色んな夢を持っています。

それが何であれ
現在の彼らからは距離がある目標です。
つまり
現状は、まだまだ不十分。

今まさに
そのためのことをやっているのだから当たり前です。

その
まだまだ不十分な状態でも
目指しているものを目指していると言って良いし
勝手に「そうなるのだ」
と決めてしまって良いよね
思い込みでも勘違いでも良いよね
というのが今日の話。

そんなふうにゴールを未来にセットして
それから現状を見ると
ギャップが見えます。

ゴールへの欲求が強ければ強いほど
現状が不十分であることが明確になる
すると
何が足りないか見えてきます。
あとはそれをやるだけ。

ここで
思い込みが弱いと
ゴールと現状のギャップは曖昧なままです。
なので、何が足りないか
どうしたら良いかは見えてきません。

逆を言うなら
思い込みを弱いままにしておけば
何もする必要は無い
ということになります。

自分の持っている大きなギャップに対して
その大きさに負けてしまったり
そんなのできるわけないとかなんとか
そんなことを言ってくる者がいたりするんですが
そんなの気にしても何も良くならない。

でも
そういうのが怖かったりするんですよね。

なので
やはり勇気が必要ってことですね。

頑張れ!頑張れ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です