結構いい1年でした

今日で3月も終わり
学校は明日から新学期ですね。

夢工房で頑張った1年生も、明日からは2年生。
彼らはコロナ禍の中で1年間頑張ってきて…

いやぁ、凄い成長しましたよ!
毎日彼らのアイデアを聞いたり、図面の確認したりしてるのですが、忙しいのなんの。

彼らはLINEでコンタクトしてきて、Zoomミーティングで報告を受けるのですが、打ってくるテキストにやたらビックリマーク付いてますからね。
勢いがあります。

1年間オンラインばかりになって、当初はどうなることかと思いましたが、驚くほど成長しました。
もちろんまだ物は作っていませんが、1年生とは思えない図面を描けるようになりましたし、何より気持ちが前向きです。

結局、活動に加わった1年生は、合計で16人。
1名も離脱者無しです。
こんなことは過去20年で初めて。

もちろん、そんな彼らを引っ張る上級生も勢いがあるわけで、お互いに相乗効果で良い方向に向かっている気がします。

この調子で行けば、またFormula SAEの新たなトレンドを生み出せそうな気がします。

PBL

最近、というか
ちょっと前から教育界はPBLが大流行。

大流行ってほどではないか。
学校の学びに導入したいけど、なかなか難しいってところなのかな。

PBLとは
Project Based Learningの略で、問題解決型学習ってヤツです。

学生主体で、テーマを決めてやっつけるヤツです。
なにもいわゆる「問題」を解決するばかりでなく
チームで主体的に工夫しながら目標を達成するというようなイメージで良いと思います。
工科系の大学などなら、ものづくりがテーマになることが多いですね。
皆で工夫しながら何か作るとか。

何でこれが大事なのかというと
学校での学びは、大抵があらかじめ答えが決まっていて
その正解を導き出すという形ですよね。
基本的な知識の習得という面では、そういうのは大事なのですが
でも、実際に世の中に出てやることって
そもそも答えがないものをどうするか
ということばかり。

開発業務なんかはその最たるものです。
どんな製品をつくったらお客さんが喜ぶかなんて誰にも分からないし、確証はどこにもない。
さらに、「新しい製品」は、世に無いから新しいわけで
誰もやったことが無いことをやるのは当然で
当然ながら、どうしたら良いかを教えられる人はいない。
それを何とかするのが仕事です。

学校でいくら学んでも、結局はこういう壁にぶつかっちゃうので
PBLで学びましょうってなわけです。

まぁそうですよね。
確かにそういうのをやるべきですよ。

で、夢工房でやっているFormula SAEとかCanSatは、まさにPBLなんです。授業ではないですけど。
これらは、ずいぶん昔からあるイベントで、PBLとか言い始める前からあるんだと思いますけどね。
何せFormula SAEは40年も前から、CanSatにしても20年くらいは歴史がある。
それだけ長く続いてきたのは、やはりイベントそのものに魅力があって、その効果が大きいからなのでしょうね。

これらのイベントの威力ったらないです。

だって、Formula SAEの卒業生達は、今やレース界はもちろん、世界中の自動車業界の担い手になっている。

そりゃそうでしょう。
だって、学生のうちから小型のレーシングカーとはいえど、クルマ作ってるんですから。
授業で得る知識だけでは作れませんもの。
それを自ら学んでやってしまう。

それを運用する戦略とかはもちろん、品質とか信頼性とか、人間工学的なものとか、授業では全く教えなかったり、教えたとしても実践への適用の機会がないことができるようになっちゃう。

昔は、1台の新車を作ると2年間はイベントに出られたけど、今はレギュレーションの改定に伴って、毎年新車を作らないといけない。
つまり、学部の在学中に4台もクルマ作ってるわけです。
これで会社に入って使い物にならなかったら、お前一体何してたんだ?ってな話しです。
海外の大会に行けば、本物のレーシングカーの開発者や、メーカーの技術者と話ができて、ヘタすりゃ、そういうプロフェッショナル達に技術を教える人達とも繋がりを持てる。

CanSatにしても同様です。
考えに考え抜いた惑星探査機を作って、厳しい審査を通過して、ネバダ州の砂漠まで持って行ってロケットで打ち上げ!
その後は英語でプレゼンテーション。
経験者はJAXAを含む航空宇宙産業で働くケースも結構あります。NASAで仕事している経験者もいたのではなかったかな?
夢工房の卒業生も、飛行機関係の仕事をしたり、某社で本物のロケットの設計をしてたりします。

これらの活動を経験して、何も自動車業界とか航空宇宙業界に行くことが全てでは無いのです。
その他の業界でも、みんな元気に良い仕事してます。
きっと、こういう活動していく中で、「やれば何とかなる!」って気付くんでしょうね。

さて、この手のPBLですが
教える方はどうしたら良いのでしょうね?
これが教育界の抱えている問題なのだと思います。

というのも先日、工業教育についての集まりで、お呼ばれで講演させてもらったのですが、やはり皆さん、その点の問題を抱えてらっしゃることが分かりました。

私なんぞが、そういうエキスパートの皆さんにお話しさせてもらうなんて、おこがましい感じなのですが、そこで分かったのは、こういうのって教えようとすればするほどうまくいかなくなるってことです。

「先生」なんだから、「教えなければいけない」ってやっちゃう気持ちは分かります。
でも、そうすると身も蓋も無くなっちゃうんじゃないでしょうか。

だって、教えたらゴールが定まっちゃうでしょ。
答えが決まっちゃう。
そもそも、その答えを作り出すのが学生達の役目なのに。

恐らく、お題目を先生が決めた時点で破綻しちゃってるんじゃないかな。
何をしたいかは、やる本人が考えて、自身の口から出ないと意味が無いと思うんですよ。
そうしないと、ゴールに到達するパワーは生まれてこないでしょ。
「どうしてもやりたいんだ!」ってならないとね。
人から与えられたものでは限度がありますよ。

というわけで
Formula SAEやりたい!
CanSatやりたい!
という学生は偉いなぁ。
というお話でした。

あれ?違った?

他にも
「先生!オレ、これやってみたい!」
という学生が次々に現れると盛り上がるだろうなぁ。
色んな意味で今がチャンスなんですけどね。

ヒーロー達

たまにふと思い出すことがあります。
子供の頃のヒーロー達。

なぜか仮面ライダーとかウルトラマンとかではありませんでした。

イーブル・ニーブル((Evel Knievel)
イーベル・クニーベルって感じの発音が本当なのかな。
テレビでは、イーブル・クニーブルって紹介されていたはず。

伝説的なアメリカのスタントライダーで、たまにテレビでこの人のチャレンジをやってたんですが、何だかよく分からないながらも食い入るように見ていたのはハッキリ覚えています。

何台も車を並べた上をジャンプ台を使って飛び越えるとかのスタントが有名です。
今でも記憶に残っているのはどこかの峡谷を飛び越えるってヤツです。
ずっとそれはグランドキャニオンだと思っていたのですが、ちょっと調べてみたところ、どうやら違ったようです。

その頃の私は小学生。
車やバイクが好きで好きでしょうがない…ということはありませんでした。

恐らく同じ頃
やはりテレビでレースを見てました。
富士スピードウェイのF2だったのかな。

カッコいいなと思ってたのは、星野一義さん。
マシンもカッコよかったけど、レース運びが印象に残ってます。
たまたま見ていたレースがそうだったのかもしれないけど、ドライのレースだと、惜しいところで2位とかが多かった気がします。でも、雨のレースがめっぽう強い。
あれはカッコよかったなぁ。

そんなふうにたまにレースをテレビで見ていても、やっぱり車やバイクが好きだという自覚は無かったですね。全く。
サーキットで本物を見たいとも思わなかった。

あ、でも、レンタルのポケバイは夢中になって乗っていましたね。
スネを路面にこすりつけて血まみれになっても、全く痛みを感じなかったくらい楽しかった。
ただ、自分からポケバイに乗りたかったわけではなく、どうしても乗りたいと言っていた弟の付き合いで乗ったら楽しかったのです。

この辺までが小学生の頃。
中学では大して乗りものには興味が無かった…のかなぁ。
記憶には残っていないので、きっと夢中にはなっていませんね。

高校生になってからは、自分で原付を手に入れて乗ったり、たまに友達にデカいのを借りて乗ったり。
この辺でバイクが好きだという自覚が出てきました。

大学に行ったら、スクーターレースから始まって、当時やっていたTTF1というカテゴリーのバイクのレースのメカニックをやったり、少しずつのめり込んでいきます。
世はバイクブームだったので、バイクに乗るのは当たり前、スピード出すのは当たり前、その流れでレースをやるのも珍しくはないという感じでした。

テレビでも週末にはレース中継を良くやってました。
日曜の深夜には二輪の世界GPを中継してましたね。
GP500はフレディ・スペンサーがカッコよかった…のですが
中継は、500cc、250cc、125ccという順番にやっていて、最も遅い時間帯にやっていたGP125が一番面白かった。
あれ?逆の順番だったかな?
とにかく125は、ストレートから第1コーナーに4,5台が横並びになったまま突っ込んで、その後も頻繁に抜きつ抜かれつ。最高にスリリングでした。
その時のヒーローは上田昇さん。
日本GPの鈴鹿で、ワイルドカードで出場して、1位ですからね。
その後は世界GPにフル参戦して勝ちまくり。

当時は、まさかこんな人と知り合いになって、一緒に仕事ができるとは思ってもみませんでした。
今は上田さんのチームとジョイントして、鈴鹿8時間耐久で学生達がお世話になっています。

その後はF1ブームがやってきます。ターボF1の時代です。
やっぱりアイルトン・セナですよね。
当時の私はホンダの車を設計してたので、勝ってくれると嬉しかったなぁ。
ホンダが優勝すると、職場では紅白饅頭が配られたりしてましたね。
社員食堂には、巨大な横断幕が貼られたりしてね。

で、その頃のホンダF1チームの広報をやられていたのが小倉茂徳さん。
テレビの中継でもおなじみのレースジャーナリストです。
単なるジャーナリストではなく、元が本物のF1の広報マンなので、当時のF1界の大物は友達ですから、単に「知っているだけの人」とは話のレベルが根本的に違う。

実はこの人が日本にFormula SAEを紹介した張本人なのです。
一緒にアメリカやオーストラリアの大会に行って、色々勉強させてもらったり、凄い人を紹介してもらったり。
これも、「まさかこんな人と一緒に…」というケース。
いやぁ、本当に運に恵まれていると思います。

そして大学に来てからのお師匠様が、1960年代ホンダF1の車体設計者、佐野彰一先生です。
さらに、卒表生がホンダF1の設計者になり、その彼のボス、F1の車体設計のチーフが以前仕事でお世話になった方だったりして。

いやー、世の中狭いというか、面白いですね。

誰しも幼少の頃のヒーローがいるのではないかと思います。
それが仮面ライダーとかウルトラマンじゃなければ、こんな風に人生の所々に何かしらの接点のようなものができてくるものなのかな、と思ってます。
途中で諦めなければ。

そう思う反面
もし、もっとのめり込んでいたら果たして何が起きたんだろう?
とも思います。

ま、レースも人生も「~たら」「~れば」無いのですけどね。

初動と現状

ど根性ガエルのヒロシの先生は、「教師生活25年」だっけ?
あと5年だ!
若いコは知らんか(笑)

大学に来て、Formula SAEをやる学生達と付き合い始めた当初からは、色々考え方ややり方が変わりました。

最初の頃はよく怒ってたなぁ
と思います。

怒ってた理由は
学生に対する期待と現実のズレが原因でした。

始まりは彼らの
「勝ちたい!」
という一言から。

とは言うものの
経験が無いのだから、そのために何が必要か、どうしたら良いかは分からないのは当然で、そこに期待と現実のズレが生じます。

こっちは学生のやったことを評価する立ち位置なので、ああしろこうしろというよりは、「勝ちたいって言って始めたんだから勝てるようにやろうぜ!」という感じなんですけどね。

でも、学生達は精一杯やってくれました。
全く何も無い環境で彼らがやったことは奇跡的でした。
おかげで彼らは伝説的な成果を残せたと思っています。

そして、ありえない奇跡が今日まで続いてます。

他からどう見えるかは分かりませんが
私はそう思ってます。

最初の頃は、限られた時間内で現実離れした成果を絶対に残すことにフォーカスしていたので
かなり厳しい状況だったと思います。

でも、活動立ち上げの時期の創設メンバーってのは、モチベーションが高いのでそういう状況でも耐えていける。

その彼らが大きな遺産を残してくれて、おかげで後輩たちが高いところを自然と目指し続ける環境ができたのだと思います。

初動は大事なんですね。

でも、そんなチームのバックグラウンドをある程度知っている後輩たちは、失敗をせずに効率よく高いところに行けないか、という至って普通な欲求を持ちます。

そんなの無理です。

だって経験無いんだから。

でも、彼らの在学中に、ある程度納得できるところまで行って欲しい。
入学時には経験がなかった新しいメンバーを、先輩たちより高いところに行けるようにするにはどうしたら良いのか。

在学期間は4年と限定されているので、普通に考えたら無理なのかもしれませんが、それでは納得できませんよね。本人は。

でも、第三者が色々とやることを強制してレベルを上げようとしたら、年々キツいことになってパンクするでしょう。

本人の成長を加速させて、自発的に学ぶようにならないとどうになりません。

幸運なことに、時が経つにしたがって学生達は色々と工夫して頑張るようになってきています。

おそらく今年はコロナも終息して活動に勢いがつくでしょう。
この春からの新1年生の加入にも期待できます。
どこまでいけるかお楽しみ!

VUCAの時代ですってよ

最近、VUCA(ブーカ)なる言葉を耳にしました。

予測が困難な将来について表すビジネス用語として使われていますが、そもそも軍事用語のようですね。

Volatility(変わりやすさ)
Uncertainty(不確実性という意味での曖昧さ)
Complexity(複雑さ)
Ambiguity(多様性という意味での曖昧さ)
というワードの頭文字です。

なんかね
「来た!来た!!」
って感じじゃないですか?

これから世の中がどうなるか分からないという認識は世界共通のようですね。

これはつまり今までのセオリーが通用しなくなるってことです。
理論が全く不要になるということは無いはずですが
「勘」が威力を発揮するでしょうね。
暗黙知が大活躍するはずです。

ということは、強みを発揮する根源は経験の数とか多様性かな。

かつての日本人のやり方
曖昧さを活かした微妙な世界が威力を発揮するかもしれません。

だとしたら、面白いことになりそうですよ。

再始動!

ここ数日、学生達が夢工房に戻ってきています。
よかったよかった!

まずは卒業研究をやっている新4年生の登校がOKになりました。
ただし事前申請が必要ですけどね。

やはり人がいると違いますね。当たり前だけど。

彼らは早速ゴリゴリやってます。

設計、製作、メーカーさんとの調整、オンラインでの後輩の指導、などなど。

そうそう、就活もやってますよ。
オンラインで。

今まで在宅でオンラインだったので、工房に戻ってきても動けるようになるまで時間掛かるかな?と思っていたのですが、杞憂にすぎませんでした。
いきなりロケットスタートです。

部屋には入れる人数は制限されているので、4月になって授業開始になっても3年生以下の全メンバーが同時には作業できないものの、4年生が作業の段取りをしながら効率よく作業が進むようにシフトを組んでいるようです。

こりゃ4月以降が楽しくなりそうですよ。

足で設計する…?

私がかつて自動車の設計をしていたとき
仕事がとても楽しかった。

自動車開発の現場って、いわゆる「頭のいい人」「できる人」が山ほどいます。
皆さんとても魅力的な人たちで、そんな中で仕事ができることは、とてもエキサイティングでした。

もちろん、そういう環境でベストを尽くしたい。
こんな自分でも何かやりようがあるはずだって思って実行していたのが

「足で設計しよう!」

です。

足で?

別に足で図面描くわけじゃないですよ。

設計者って、PCの前に座って、ゴリゴリCADやってるイメージがあるでしょう?
実際その通りだったりもするんですけどね。

自動車の設計って、色々なパートに分かれてやるんですけど、とにかく他パートとの調整作業が多いし、それがとても重要なんです。

もちろん電話とかメールでもできたりするんですけど、一番話が早いのは、相手のところに行って、直接話しをすることです。

なので、何かあるとすぐに相手の部署に飛んでいって話しをすることにしていました。
もちろん、その方が仕事が早いってのもありますが、電話とか、メールとか、図面の情報だけとか、限定された情報を元にすると、表面的なものの裏に隠された意図とか本質的な部分が見えないのですよ。

それにね、仕事は「皆で力を合わせて良いもの作ろうぜ!」ってことなので、結局は人対人なんですよね。

車の設計って、凄く高い技術レベルで、計算ずくで最適なものになってるように見えるでしょう?

そんなこと無いです。
あ、技術レベルは高いですよ。凄く。
でも、理論だけでできてるわけではないですよ、ってことです。
もちろん、コンピューターが勝手にやってくれるものでもない。
多くの部品が、お互いに主張したり譲り合ったり、相対的なバランスを取って、最終的な形態を形作ってます。

なので、他のパートとのやりとりはとても重要なのです。
部品相手に仕事をしているように見えて、実はその部品の設計者と仕事をしているんです。
これ、意外と忘れがち。

私は色んなことをやらせてもらいましたが、当初は電装の設計を担当していました。
電気を使う部品全般の設計です。
中でも、いわゆるワイヤーハーネス、電線が一番ボリュームが大きい
これはとても大変な仕事でした。

電線って、車の隅々まで這い回ってます。
なので、車体を構成するほとんど全てのパートに関わるわけです。

でも、「電線なんてグニャグニャ曲がるんだから、どこでも自由に通せば良いじゃん!」という感じで見られていて、なかなか場所の確保が難しいのです。

電線が一本でも切れたら車は動かなくなるかもしれないし、それが原因で火災になる可能性もある。そうしたら人命に関わりますから「テキトーに通しとけばいい」という仕事ではないのです。

こういう
「え~、めんどくせぇな」
というような仕事は、やはり対面で話さないとなかなか進みません。
だって、めんどくさいから。
メールなんかで調整しようとすると、ついつい後回しになっちゃったりして。
だって、そういうのってメール書くのも返信するのも面倒ですもん。
まして電話なんかじゃらちがあかない。

なので、とにかく相手のところへ行ってしまうことにしました。
で、話しをする。
自動車の開発をしている施設って広いですからね。
他部署まで数百メートル離れているなんてのは普通で、たぶん1日に何キロも歩いていたと思います。

試作の現場にもよく足を運びました。
設計者って、あまり試作工場行きたがらないんじゃないかな。
怖い人いるし(笑)

彼らは体張って仕事してるんだから、おかしな設計したら、そりゃ怒りますよ。
でも、そんな時は速攻で現場に行ってしまう。
そういう真剣な対応をしないと現場は納得しませんよね。
で、何が問題なのかを聞いて、どうしたら良いかを話し合って速攻で解決。
現場と話しをすると仕事は早いです。

そんなことをしていたおかげで、試作の人たちと話しをさせてもらって、色々勉強させてもらいました。

あ、そうそう、現場の人にビビってる設計者って、なかなか足を運ばないから、現場はますます腹が立つってとこが見えてなかったりしませんかね。
まぁ、気持ちは分からなくもないけど(笑)
逆に私は頻繁に現場に行っていたので、ずいぶん可愛がってもらいましたね。

でも、試作工場に頻繁に行ってたのは別の理由もあるんです。
日々、現場の「神の手」によって車が形になっていくのが見られるんですよ。
これはエキサイティングですよ。超リスペクト!
なので、何かと理由をつけて試作工場に行ってたというのもあります。

ってな感じで、エンジニアリングするうえで、頭が全てってわけじゃなくて、他のやり方もありますよ。
というお話でした。

心配しちゃダメ

日々を過ごしていて

「~にならないように」なんて心配していますか?

まぁあるでしょうね。
誰でも多かれ少なかれあると思います。
気持ちは分かりますし
自然なことです。

大学3年生なら就活が心配でしょうね。

でもね
「受かるかな~」
って心配したところで
何も良くならんのですよ。

そんなこと考えてると何をするかというと
「どうしたら受かるかな」
なんて考えて
いわゆる就活マニュアル的な情報に食いついちゃうでしょ。

すると何をするかというと
エントリーシートの書き方とか
希望する企業の資本金とか従業員数とか
覚えてもしょうがないことを覚えようとしたり
お辞儀の角度をチェックしたり
ノックの回数は何回が良いのかな?なんて考えたり…

誰もそんなの見てないっちゅうの
ということに力を注いだりしちゃう。
あ、エントリーシートは見てますね。
ただ、マニュアルに沿ってても意味ないですよ。

それにね
就活マニュアル的な情報を
みーんな参考にしてるけど
面接する方の身になってくださいよ。
つまんないから。

みーんな同じようなことやって
みーんな同じようなこと言って
「あぁ、こいつもか」
とガッカリしちゃうんですよ。
…と、面接官経験者は思います。

そうじゃなくて
キミは将来、誰のために何をするのか
そのために今何をしているのか
という希望に繋がるところを磨きましょうね。

明るい未来に希望を燃やしている若者が欲しいのよ。
そんなの当然じゃん!

頑張れ!頑張れ!

教え方

大学で学生に接していると
教え方で日々気づきがあります。

大学に来た当初は
学校は学生に教えるところだから
教えなきゃ!教えなきゃ!
って思ってました。

けど、それはあんまり効果ないんですよね。

他動的に突っ込まれた知識や情報って
あまり身につかない。
つまり、あまり役に立たないんですね。

全く無意味ってことはないです。
そりゃ何もないよりは
だいぶ良いのかもしれません。

でも、自ら必要として求めたもの
実際にやったことや使ったこと
そういう場合の知識の残り方に比べると
外部から入力されただけの知識はあまりに弱い。

さらに、知識のままよりも
実際に使ってみて
経験にすると、なお身に付きます。
まぁ、当たり前と言えば当たり前ですよね。

もちろん自分が興味がある分野だと
その効率は飛躍的に高まるのですが
あまり興味がない分野でも
実際に使ってみた知識は定着しやすい。

学校での教育は
一方的に突っ込むのではなく
いかに相手に必要とさせるか
その辺が重要なんだと思います。

とはいえ、全ての授業をそういうふうに構成するってのは難しいのでしょうね。

というわけで、レーシングカーや惑星探査機を
作っている学生の求めに応じてアドバイスした内容は
面白いように吸収されていきます。
そして彼らは、自ら次の段階に足を踏み込む。

彼らはそんなことを4年間継続するわけで
そりゃぁ社会に出てから戦力になるでしょうし
何より仕事が楽しめるでしょうね。

そんな学生の成長を見ているのは
なかなか楽しいものですよ。

明るく元気にいきましょう!

夢工房の学生には
常に明るく元気よくやって欲しい
と願ってます。

接している他のメンバーに
影響を与えるほどに
明るく元気にやって欲しい。

初心者もベテランも
たまたま今現在
イケてるのもイケてないのも
色々いるので
一律に全員ってのは
難しいのは分かっています。

でも
声色とか表情ってのは
他に与える影響はとても大きい。
チームの状態も左右するほど。

なので
できなくても
やらかしてしまっても
できるだけ明るく元気よく
やって欲しいのです。

だって
何か困難があったり
失敗してしまったり
そんな時に暗い声色と表情で
何か良いことあるんでしょうか?

たぶん無いですね。
本人以外は。

というのは
暗い雰囲気を醸し出していると
周囲も停滞するし
ひょっとすると
「もういいよ」
と言ってくれて
それ以上やらなくて済むかもしれないから。

でもそれは
個人の問題ではなくなっていきます。

諦めが連鎖するから。

でも
困難があったり
失敗してしまったりしても
明るければ
周囲は
「うん、大丈夫。きっと何とかなるな」
と思うでしょう。
期待されるわけですよね。

その方がうまくいくのは当然でしょう。
もちろん
そういう雰囲気も連鎖します。

分かってますよ。
うまくいってないときに
明るくするのは難しいって。

でもできます。
まずは試してみましょう。


うまくいきそうなら継続してみましょう。

きっと驚くほど成果が上がるはずです。