天皇誕生日にて

今日は天皇誕生日です。
第126代の今上天皇陛下のお誕生日ですね。
陛下のお誕生日にお祝い申し上げます。

私は、20年くらい前まで
日本は世界で最も長く続いている国家である
ということすら知りませんでした。

そんなの常識なんだから知っとけ!
という声が聞こえてきそうですね。
お恥ずかしい。

で、自分なりに色々調べるようになったんですが
それにはきっかけがあります。

一つは
Formula SAEで海外大会にチャレンジする学生達の
面倒を見るようになったことですね。
強豪チームのまねごとをしても勝てないと思ったので
日本ならではの強みを見いださないとダメだな
と思ったこと。

そういうことを考えていくと
日本の過去に着目するしかありません。
日本人は今まで何を考えて何をやってきたのか
そこにしかヒントは無いと思ったのです。

もう一つは
オーストラリアに遠征に行ったときに
泊まった宿のオヤジさんに
「日本のエンペラーのお世継ぎは大丈夫なのか?」
と聞かれたことです。

オーストラリアはイギリス連邦の一国なので
エリザベス二世女王が国王陛下なのですね。
なのでオヤジさんは日本の皇室が気になっていたようです。

でも私は答えに困りました。
それまで皇室のことなんて真面目に考えたことがなかったからです。

そのとき
天皇陛下のことを聞かれて答えられないって
国民として問題あるのではなかろうか
こいつは恥ずかしいことだ
と思ったのです。

なので
「日本の始まりってどうだったんだろう?」
「天皇陛下は何をされているんだろう?」
と気になってきて
古事記を読むところから始まって
天皇陛下の侍従をされていた方の本を読んだり
色々調べてみたわけです。

そうしたら
紀元前660年の神武天皇即位から始まっていて
建国の神話の時代から現在の天皇陛下まで連綿と 繋がっている唯一の国家
なんて事が分かってきて
年甲斐も無く
これは凄いことだぞ!
とエキサイトしてしまいましたよ。

だってね
2,600年以上も国が続いていて
それが世界的にぶっちぎりにトップなわけですよ。
ちなみに
2位はデンマークの1,100年で
3位はイギリスの800年だそうです。

ここに強みが隠されていないわけがありませんよ!

ただしそれは
簡単に数字にしたり文字にしたりして理解できない世界です。

こんなに長いこと一つの国として続いてきたのは
世界的に見たらありえないことですが
我々にとっては当たり前で自然なことです。

今を生きる我々にとっては
あまりに当たり前なので
なぜそうなったかを
そもそも意識することはもちろん
強みとして利用するということは難しい。

でも簡単に分かることもあります。
2,600年以上続いているのは
天皇という存在です。

国民だけの力で
これだけ長いことまとまってやってこられたなんて
思い上がってはいけない。
島国である地の利などももちろんあるでしょうが
それだけでは周辺のアジア諸国と異なる発展をしてきた理由にならないでしょう。
島国なんて世界中にたくさんあるわけだし。

そもそも国としてまとまるためには
その中心となる存在が必要です。

それは天皇以外にはありえない。
と思っています。
もし他にもあるならぜひ教えて欲しい。

何かしらの利害にしたがって動く政治家のような立場の人間や
一般国民では中心になり得ないでしょう。

一般的に「王」は国民に対してどのような態度を取るのでしょう。
我々は天皇陛下しか知らないので
正直よく分かりませんが
多くの国は「上から支配してきた」のではないでしょうか。

でも
日本の天皇は建国以来、毎日
国民の安寧と世界平和のために祈ってくださる
それがのお勤めだそうです。
「上から」というより
「中心」という感じではないでしょうか。
「力による支配」というより
「国民がまとまってきた」のではないでしょうか。

我々日本人にとって
皇室 天皇は
当たり前の存在なのかもしれません。

その当たり前のようにあった
安心して頑張れる環境が
心のよりどころがあったから
今まで続いてこられたのではないでしょうか。

そのありがたさ
ありがたいと思う気持ちは
我々の日々の行いに必ず活かせるはずです。
(漢字では「有り難い」
ありえないほどレアなことという意味ですね)

これ
考えてみれば簡単で当然の話です。

対象が誰であれ何であれ
感謝の気持ちが無くなったら
心が荒んできて良い仕事なんてできないどころか
ちょっとした不満に敏感に反応して
怒りや恐れの中で生活することになるでしょう。
まさに最近はそういう傾向になりつつある気がします。

「金払ってんだから~なんて当然だろ!」
みたいなことを言い始めて
皆が相手のことを考えずに
自分の要求や権利ばかりを前面に押し出すようになったら
世の中ヤバイです。
気持ちは分かりますが
それではものごとは良くならない。

というわけで
皆が安心して頑張るための「中心」が
当たり前に存在するなんて凄いことだったんですね。
ということに気付いてきました。

こういうことを事実として受け入れて
強みとして活用していくかどうかは我々次第。

最近は御朱印ブームで
多くの人が神社に足を運んでいるようです。
我が国が良い方向に進み始める気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です